FAQ

出願手続きを完了するのに必要な時間はどのくらいですか。また出願を承認された後、試験の準備に必要な時間はどのくらいですか。

これは個人によって異なります。ただし受験者からは以下のようなご意見をいただいています。
 

試験の合格には実際の業務経験が役に立つ。定義やコンテンツやBusiness Analysis Body of Knowledge® (BABOK®)ガイドを単に暗記するだけでは不十分である。ただし、実際の適用にはBABOK®ガイドをパートナーとしなければならない。
受験資格は単に形式的なものではない。試験に合格するために必要不可欠な前提条件である。
勉強の第一段階として出願手続きを利用する。BABOK®ガイドを基にして業務経験を振り返ることは、時間を要する内省的なプロセスである。
知識を加えればプラスになると感じる分野について、IIBAのEndorsed Education Providers(EEP™)のトレーニングコースに参加する。
オンラインのリソースを利用する。
試験を受ける環境を想定したオンラインの模擬試験を利用する。
CBAP®対策教材を利用する。これは容易に入手できる。
勉強する際に、勉強のパートナーとBABOK®ガイドの章について論じてみる。必要となるコンテキストに備えるために数多くの例題を利用する。
じっくりと時間をかけて出願フォームに記入する。また勉強の一環としてこれを利用する。
勉強のために3ケ月から4カ月を充てる。この間、BABOK®ガイドやその他の関連情報を読むことと、問題集を解くことに分けて、少なくとも週に8時間は勉強する。人によって勉強のやり方は異なる。これは他の仕事やプライベートな時間を考慮した上での最低限必要な時間である。
在住エリアのIIBA支部のイベントに参加する。これは常に可能というわけではないが、勉強の一環として非常に有効である。
スタディグループに参加する。スタディグループの中で、他人の経験をコンテキストとして活用することで、理解が深まる。このやり方は、情報を覚えるよりも、理解の度合いが確実に高い。
自分の業務を十分に知っておく。BABOK®情報の実際の適用は大きな財産である。

注意:以上のことは、認定試験に合格することを必ずしも保証するものではありません。ご了承ください。