BA成功事例集

第60回 新しいシステムの試行と実務への投入

システムの構築が進みますと、部分機能の試験、機能の組み合わせ試験、そして全体を構築しての総合試験と各段階の確認試験が実施されます。 総合試験では実務にできるだけ近い状態で実施されることが理想ですが、複雑な利用環境を考えるとその設定には限界があります。 一連の試験を終えますと、実務上での試験利用に入りますが、試験環境の設定が困難な場合には直接実使用に入らざるを得ない場合もあります。 これら一連の試験や試行において認識しなければならないことは、実行された試行は、新たに構築されたシステム単独の環境、または限られた実務環境での確認に過ぎないということです。 実務での無限にある環境の組合せの中でどのような状態が発生するかの予測とその環境をどのように想定して模擬し、健全性を確認するかの重要かつ困難な課題があります。

続きを読みたい方はこちら