BA成功事例集

第63回 システムの利便性と適用の完全性

・経営の情報化に関する日頃の基本的な知識や方法は、日常のシステム利用の中で蓄積していくことが好ましいのですが、特に新しいシステムが導入されるときにはそのための導入教育やシステムの利用教育がその後の早期定着に影響します。 大規模なシステムの場合にはシステム実施上のテストランを兼ねて綿密な計画のもとに大規模に利用教育を実施することがあります。 新しいシステムを導入する場合には、業務上の処理自体の変化に関する理解と、それを実行するための情報システムの変更の両者について理解を深めなければなりません。 新たなビジネス概念のシステムを導入する場合には、表面的な利用方法だけでなく、その背後にある概念や論理を説明して、なぜそうするのかをビジネス実務との整合性において説明することが理解を助けるためにも大切です。 利用におけるわかり易さ、利便性、使い易さなどが鍵になりますが、すべての処理をシステム上で実行し、システム利用を迂回するような例外的処理の排除が不可欠です。

続きを読みたい方はこちら