BA成功事例集

第66回 ビジネスアナリシス人材と文化を育てる

・ビジネスアナリシスを経営の戦略として活用するためには、ビジネスのトップマネジメントと、現場の人たちの両者の意識と認識が必要であることは重ねて述べてきました。 ビジネスアナリシス人材を育成するという課題に対して、意識と認識をもつという視点は基本であり、日常業務に常にビジネスアナリシス思想が大切であるという信念をもって対応していく習慣を育てることが人材育成の目的達成に結びつきます。

・組織外部の支援を含めてあらゆるビジネスアナリシスの能力を活用する事は大切ですが、ビジネスアナリストという専門家だけではなく、ビジネスにかかわるあらゆる人がビジネスアナリシスの部分を担っているという意識が大きな推進力であることの理解が必要です。 少人数の専門家よりも、全員の意識の総合力ははるかに大きいことを理解すればその効果がわかります。 ビジネスアナリシスに関わる人材を育成するという発想ではなく、トップマネジメントから現場の担当者に至るまで、経営に関わる人たちすべてがビジネスの改革を目標として持ち、ビジネスアナリシスを背負っているという意識を持つことがビジネスアナリシス文化定着の早道です。

続きを読みたい方はこちら