BA成功事例集

第62回 情報利用の意識と認識に関する教育

現在のビジネスシステムのほとんどは情報システムとの深い連携があり、経営における情報システムの活用はすでに経営システムの効果的構築や運営と不可分の関係になっています。 もっと積極的に言うならば情報システムの中に経営があるとまで言っても良いかもしれません。

第61回 結果の評価とフィードバック -結果の認識と評価、残された問題の修正

新しいシステムの構築とその実務への投入により期待される効果は、ビジネスの処理性能の向上による成果と、経営変革への寄与との二つの面があります。 これらの効果は新しいシステムそのものの機能と性能によるばかりでなくそれらを利用する人の意識と利用能力に大きく依存しますから、効果の評価もそのような視点からの観察が必要です。

第60回 新しいシステムの試行と実務への投入

システムの構築が進みますと、部分機能の試験、機能の組み合わせ試験、そして全体を構築しての総合試験と各段階の確認試験が実施されます。 総合試験では実務にできるだけ近い状態で実施されることが理想ですが、複雑な利用環境を考えるとその設定には限界があります。 

第59回 計画の実行-解決プロジェクトの実行と総合力の結集

すべての実行計画が終わりますとシステム構築に入りますが、このフェーズで最も大切なことは、計画通りのリソース投入の維持とスケジュールの維持です。

第58回 実行計画の妥当性を再確認する

着手時点から一貫した概念や目標をもって推進してきた計画を、実行に移る前に内容の妥当性を再評価することは重要です。 多くの議論を重ねてきたので計画内容には間違いはないという自信を持つものですが、全体計画が完成した時点で初めて判明する内容相互の不整合などが判明する可能性もありますし、検討過程での思考の変化もあります。

第57回 実行計画の策定-問題解決の方法を選択する

ビジネスシステムの構築は、ビジネスの現場が何を達成しようとしているかを実現するための支援システムですから、その目的に沿った機能や性能、運用環境、保守の方法などへの配慮などをすべて考慮して技術の選択と構築をしなければなりません。