BA成功事例集

第44回 システム性能は時間と共に変化する

・システムの性能は時間と共に変化します。 このことを忘れていると大きな失敗を招きます。 原因はいろいろとありますが、システムの計画時には理想的な状態を想定していることが多く、余裕をもって計画しても運用するとその限界や範囲を超えてしまうことがあります。 完成後に性能の改善を図ることは非常に困難を伴います。

第43回 環境と時間変化による要求の変化

・ビジネス環境の変化に対応してビジネスシステムへの要求も変化します。 それらをどの時点でどのようにして情報システムへフィードバックするかはビジネス上の必要性とその影響の重要性を考慮した個別の判断が必要になります。

第42回 環境は変化する

・ビジネスの視点から見ますと情報システムが利用される環境は日々変化しています。 それに従ってシステムに要求される内容も日々変化しています。

第41回 開発者が認識するべき課題-利用者の立場を理解する

・利用者側の課題に対して開発者側の課題も多岐にわたりますが、利用者は何を考えていて何を期待しているか、利用者のビジネス上の戦略は何であるのかを理解すること、利用者の業務とその特徴、課題や問題点を知ること、自らのシステム技術の能力を向上すること、いかに使い易く効果的なシステムを利用者に提供できるかなどが主なテーマです。

第40回 利用者が認識するべき課題-開発者の立場を理解する

情報システム開発における利用者(発注者)と開発者(受注者)との間の課題や問題は多くの場合は開発者側の責任として捉えられることが多いのですが、利用者における責任も多いと認識する必要があります。

第39回 要求の背景と本質を読む

利用者と開発者との関係はいろいろな形態があります。 同じ企業組織内であれば簡素な方法で相互に基本事項を決めたのちは、担当者ベースでの直接的なやりとりによって完成までを実施することもありますが、同一企業内においても、組織がコストセンターであってもプロフィットセンターであっても、責任と評価を明確にするために契約形態をとる場合もあります。