BA成功事例集

第32回 要素技術をどう利用するか

・ビジネスアナリシスに限らず、問題解決の多くは論理的には階層構造になっています。問題の発生自体がいきなり起こるのではなく種々の原因が積み重なって結果的に目に見える形になるのであって、原因の多くは直接原因から遠因である間接原因に至るまでの多くが関係していることから、その解決策の多くが階層構造であることは自然です。 

第31回 技法や技術は使い方で価値が決まる

・適用できる手法や技術はビジネスアナリシスのプロセス全体にわたる概念の構築から個々の処理手法に至るまで多岐にわたりますが、それぞれの手法や技術には目的とする機能と価値があります。

第30回 問題解決の手法や技法をどう使うか

ビジネスアナリシスの実行には多くの手法や技法が利用されますが、対象をみる視点を変えると異なる解決手法の組み合わせが見えてきます。

第29回 ビジネスアナリシスを構成する手法と技術

多様な課題や問題を解決していくにはそれぞれの目的に応じて有効な解決プロセスとそれを構成する最適な手段を選ばなければなりません。そのような手段は広くビジネスに共通な手法、技法、技術などであって、ビジネスアナリシス特有な手段というものはないと考えて構いません。

第28回 ビジネスとビジネスプロセスの構造

ビジネスアナリシスの考え方や実行のための環境整理や実行プロセスについてこれまでに述べてきましたが、プロセスを実現するのに必要なのは具体的な手法です。 どのような手法をどのように使うかによってビジネスアナリシス実現の効率ばかりでなく、その成果へも大きく影響します。 ただ、高度な手法を用いればよい結果を得られるかと言えば、それは全く別の問題です。

第27回 結果の評価とフィードバック-結果の確認と評価、残された問題の修正

実務に投入された解決策は、即刻効果が表れることもありますが、一般的には利用部門の習熟の問題があり効果が測定できるまで時間を必要とします。 利用者も新しい仕掛けに慣れて新たな機能の活用も軌道に乗り、だんだん定常状態に移行してゆきます。