BA成功事例集

第26回 新しいシステムの試行と実務への投入

・新しい業務プロセスや新しいシステムの構築が終わると、実務への投入フェーズになりますが、その前に実務での試行をして問題の有無を確認しなければなりません。 

第25回 計画の実行-解決プロジェクトの実行と総合力の結集

実行計画が終わり、その妥当性の確認が済むと実行のフェーズに移ります。 綿密な実行計画が立案されている場合にはそれに従って実行すれば順調に進捗することが期待されますが、実務においてはいろいろな問題が発生することが常です。 

第24回 実行計画の妥当性を再確認する

一つのテーマの課題や問題解決といっても、その捉え方によって規模と複雑さの幅は広く、どこに焦点を置くかによって解決の方法も千差万別です。 ここまでに計画されてきた課題や問題解決のための方策は無限にある回答から選ばれた一つの組み合わせにすぎません。 

第23回 実行計画の策定-問題解決の方法を選択する

これまでに課題や問題の認識、環境の認識、目標の策定など対象とするテーマに関する問題認識の徹底をしてきました。 ここからは現実に課題や問題を解決するための手法の選択や実行計画の策定に進みます。

第22回 解決の目標を設定する

課題設定の背景や問題の原因が明確になり、課題や問題解決に対する関係者の期待と要求が明確になりますと、解決の目標を設定しなければなりません。 これまでの検討では概念的な目標を持ってきましたが、それを明確な形で定義することが必要です。

第21回 問題を分析、評価し、原因を究明する

ビジネスアナリシスとは、現在の状態を正しく理解し、これからどうするかを議論、決定しその解決策を実行するプロセスでもあります。 そのためには捉えた現状を正しく分析、評価した上で理解し、問題の原因を追究するとともに、今後どのような状態にもっていくかという目標を決めなければなりません。