トピックス

2020/02/06

ビジネスアナリシス サミット 2020

ビジネスアナリシス サミット 2020

経産省が発表した「2025年の崖」がIT業界のみならず日本の全産業にDX旋風を巻き起こしています。そしてDXを実現するための重要な要素としてビジネスアナリシスが注目を浴びてきています。それはDX実行のためにはチェンジ(トランスフォーメーション)を可能にする専門活動としてのビジネスアナリシスが不可欠だということが認知されてきたということに他なりません。
一方、これだけ注目され始めましたが、日本においてはまだビジネスアナリシスの本質が充分に理解されているとは言えない状況も事実です。そこで、日本においてビジネスアナリシスの実態を広く知ってもらうためにもIIBA日本支部の活動や実際のユーザー事例を紹介するためのセミナーを企画いたしました。IIBA日本支部の活動事例の紹介、昨年のBBC2019での日本チームのプレゼン紹介、そしてユーザー事例紹介などの構成です。
将来的にはこのイベントをより大きなものにしたいとの想いからタイトルは「ビジネスアナリシス サミット(BAサミット)」です。夢(Vision)は大きくスタートは現実に即した半日のセミナーですが、ゆくゆくはIIBA本部が主催しているBBC(Building Business Capability)カンファレンスに負けないものにしてゆきたいとの想いを込めています。
皆様奮ってご参加いただきたく存じます。

アジェンダ

  • 13:00 オープニング IIBA日本支部 代表理事 寺嶋一郎
  • 13:05 テーマ:デジタルビジネス(サービス)を成功に導くデジタル・デシジョン
    (IIBA日本支部 理事 清水千博)
    概要:デジタル・ビジネス(サービス)は意思決定(判定、査定、ルーティング、など)のかたまりで、
    その実現のためにはすべての意思決定がオンライン上で正しく(説明可能で)行われ、かつアクション
    (プロセス)まで自動実行することが不可欠です。すなわちデジタル・デシジョンで、そのベースと
    なる、OMG標準のDMN(意思決定モデル)とその応用について解説します
  • 13:40 翻訳が完了し出版された、BABOKアジャイル拡張版の出版報告 (IIBA日本支部 理事 濱井和夫)
    概要:アジャイルが小規模なソフトウェア開発からエンタープライズレベルに拡張されるときに不可欠
    なのは、ビジネスアナリシスの新しいアプローチです。戦略ホライゾン、イニシアチブ・ホライゾン、
    デリバリ・ホライゾンの3つのホライゾンを駆使した、アジャイルにおけるビジネスアナリシスの
    プラクティスについて解説します。
  • 14:15 テーマ:DXにおけるBA/PM調査概要報告 研究部会(関西) 山口雅和、塩田宏治
    概要:2019年の活動として実施した10数冊のDX関連の書籍の読書会をとおして、気づきのあった点を
    ご報告します。
  • 14:50 テーマ:ディジタルトランスフォーメーションのためのビジネスアナリシス
         近藤史人 IIBA日本支部 研究部会員
    概要:2025年の崖というテーマで日本の企業のIT活用力の乏しさが、足かせとなり日本の経済力を低下
    させる懸念が叫ばれている。DXは、ITを高度に活用力し、事業の変革を推進することであり、従来型の
    御用聞きSE的なアプローチでは実現できない。

    IIBA中部研究会では、テクノロジーシーズとビジネスニーズをスパイラルアップさせて、変革を推進
    するプロセスを開発し、さらに今年は、それを企業に浸透させる仕組みも研究する。
  • 15:20 休憩
  • 15:30 BBC2019 レポート1  Effective Facilitation Skills and Competencies for
         Business Analysis

         (ビジネスアナリシスに効果的なファシリテーション・スキルとコンピテンシ) 
         井置昌志様  今井信幸様 NTTコムウェア株式会社
    BBC2019-NTTcom.png








    概要:BBCに参加することによる学びの効果、プレゼンにチャレンジすることによる学習と成長や社外の
    著名人(特に海外のエキスパート)との交流から得られる価値等を解説します。
  • 16:15 BBC2019 レポート2:Value Driven Business Transformation Approach
       「価値駆動のビジネス変革アプローチ」(価値デザインから始める)

        萩本順三様(匠Business Place)、塩田宏治(IIBA日本支部理事)
    BBC2019-10.png








    概要: 日本発のビジネスアナリシス方法論としてグローバルにデビューした瞬間を英語でプレゼンテーション
    してお見せします。
     
  • 17:00 ユーザー事例紹介 「ITベンダーのビジネスアナリストの役割」
        成田剛史様: 野村総合研究所 上級ビジネスアナリスト

    概要: 野村総合研究所の認定ビジネスアナリストが、ビジネスを成功させる為にどのような活動を行ったか、考え方と事例を解説します。
     
  • 17:40 終了
  • 参加費: セッションのみ   一般: 2,000円、IIBA日本支部会員とスポンサー:無料(割引コード)
         セッションと懇親会 一般: 5,000円、IIBA日本支部会員とスポンサー:3,000円(割引コード)
  • 定員 : 100名
  • 受講ポイント:CBAP/CCBA資格保有者はCDU(4.5ポイント)の申請ができます。
  • 尚、18:00からはIIBA日本支部総会です。会員の方は出席ください。
  • 懇親会は19:30からの予定です。

申込みは下記Peatix申し込みサイトからお願いします。

 

 Peatix 申込み