トピックス

2017/06/29

緊急来日 James Taylorによる【意思決定マネジメント(DMN)とAIプロセス】セミナー

[テーマ]
デジタル時代のビジネスアナリシスにとって求められるテーマは、たゆまぬ業務の改善、データ分析による洞察(インサイト  ルール)、顧客経験の共創 等の適用が行なえる「意思決定マネジメント」への挑戦です。

このたび、意思決定マネジメントの権威であるJames Taylor氏を招聘して、その意思決定マネジメントの要素である業務ロジックのモデリング、ルールエンジンの自動処理・シミュレーション及びデータ分析エンジンによる新たな見識・パターンの導出方法を学習します。また、それらを反映した意思決定マネジメントシステムが業務の付加価値向上と革新にどのように役立させているかについて、事例も含め学習します。

米国OMG(Object Management Group)により意思決定モデリング(DMN)が標準化されたため、ビジネスアナリストが容易にITに取り組めるようになりました。その結果、自動化された業務ロジックがビジネスプロセス(BPMS)にまでリンク可能となり、プロセス上の判断・アクションそのものまでがIT上で実現でき、ビジネス環境に応じ競争優位に適用、改善、最適化できるようになりました。まさに、IOTなどのデジタルビジネスに不可欠な要素でもあります。

さらに、従来の業務ルールに加え、大量データ分析による新たな分析ルールを融合・学習させることで、オペレーションとマネジメントが可能な、「データドリブンなAIプロセス」の導入まで、意思決定マネジメントは進化していきます。

 この有意義な機会に、皆さまお誘いあわせのうえ、ぜひご参加の程お願い申し上げます。

尚、本セミナー上で取り上げる「意思決定モデリング(DMN)」はBABOK(R)ガイドのバージョン3で新たに採用されたテクニックとしても大変注目されています。

「意思決定マネジメント(DMN)とAIプロセス」セミナー
日程:7月24日(月)14:00 ~ 17:00
場所:日本教育会館
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2
費用:5,000円(一般)3,000円(IIBA日本支部会員およびスポンサー企業)
割引コード:IIBA日本支部会員コンテンツのコミュニティを参照ください。
定員:150名(先着順)

講師:James Taylor(CEO Decision Management LCC)

James Taylor.png

アジェンダ:
1.ビジネスルール、ビッグデータ、分析からなる意思決定マネジメントとは?
2.意思決定マネジメントマニフェストについて
3.欧米における意思決定マネジメントの動向、事例と適用効果
4.意思決定モデリング(DMN)仕様提案の背景とその適用アプローチ
5.Q&A 及び日本,アジア地域でのサポートについて
6.質疑応答
業務プロセスと意思決定モデリングのリンク.png

尚、CBAP/CCBA資格更新用CDU 3時間(カテゴリー2C)を発行します。

会員、スポンサー企業、一般からの一人でも多くの参加をお待ち申し上げます。
お申込みは下記Peatixの申し込みサイトからお願いします。

http://peatix.com/event/278251/

IIBA日本支部会員、スポンサーには割引価格が(3,000円)が適用されます。
割引コードはIIBA日本支部会員コンテンツのコミュニティを参照ください。