トピックス

2019/10/07

DXを成功に導くデジタル・デシジョン~OMGがDMN(意思決定モデル)を標準化~

DXを成功に導くデジタル・デシジョン セミナー 

   日本OMG、IIBA日本支部 共同セミナー

今まさにDX流行りです。
クラウド、AI,、IoT、ビッグデータ、ブロックチェーンなどのバズワードが叫ばれていて、そのようなテクノロジーを使えば簡単にデジタル・ビジネスやデジタル・サービスひいてはDX(デジタル・トランスフォーメーション)までが実現できるとばかりに、毎日メディアを賑わしています。

そのようなテクノロジーもさることながら、もうひとつの重要な要素は意思決定(デシジョン)の自動化です。DXのもととなるデジタル・ビジネスやデジタル・サービスは意思決定(判定、査定、ルーティング、など)のかたまりで、その実現のためにはすべての意思決定がオンライン上で正しく間違いなく行われ、それに基づくアクション(プロセス)まで自動実行する、すなわちデジタル・デシジョンが不可欠です。
例えば、IoTではセンサーの数値を人が判断して操作するのではなく、センサーの決まった数値(あるいはそれらの組み合わせ)に応じて判定ロジックが作動し、プロセスが自動実行(例えば、客先にエンジンの使用料まで自動請求すること)まで連動する必要があります。それを可能にするのがデジタル・デシジョンです。また、金融・保険などの日々の業務(査定業務)も意思決定の連続です。複雑な業務上の意思決定を正しく精確に、ビジネス環境の変化に応じて素早く対応することが、ビジネス上の競争力を高めます。ビジネスルールに基づく複雑な融資条件をモデル化し、少しでもターゲット顧客に有利な融資条件を提案し、かつ申込みから査定さらに融資の実行まで自動化を可能にするのがDMN(意思決定モデル)で、デジタル・デシジョンのベースです。この度、日本OMGとIIBA日本支部とのコラボレーションによりデジタル・デシジョンの基礎となるOMG標準「DMN(意思決定モデル)」が日本語化されましたので、共同セミナーを開催し皆様にご案内申し上げます。

日程: 11月6日(水) 13:30~17:30

    【アジェンダ】

13:30  挨拶 日本OMG 吉野 晃生 様

13:40  OMGが標準化したDMN(意思決定モデル)とは
       清水 千博(IIBA日本支部)
      概要:OMGが標準化したDMN(意思決定モデル)の意思決定要求モデル、
         の各要素、表記法などを解説します。

14:40  DMN(意思決定モデル)の応用事例
       藤林 寿 (バリューチェーンプロセス協議会)
      概要:「太陽光発電事業の評価ガイド」の意思決定(人による意思決定)を
         DMNモデルにより分析した研究成果を発表します。

15:30~15:40 休憩

15:40  DX時代に必須のOMG標準「DMN:意思決定モデル・表記法」の
      実践的アプローチ
      デジタルデシジョン・エヴァンジェリスト 酒匂秀敏
      概要:現場のオペレーショナル・デシジョンを上手く取込むためにプロセスの
        可視化とデジタル化のために必要なアプローチであるDMNは、
        データドリブンのDX時代に不可欠なデジタル・デシジョン 
        ソフトウェアです。その実用事例および実機デモを紹介します。

16:40 IoTとデジタルトランスフォーメイションの動向
      吉野 晃生(日本OMG)

17:10 質疑応答 全員

17:30 終了

  参加費: 3,000円 (一般)
       無料(IIBA日本支部会員、日本OMG会員)

  場所: TKP神田ビジネスセンターANNEX

詳細および申込みは下記Peatix申込サイトをご覧ください。

Peatix申込みサイト