トピックス

2019/03/02

IIBA本部の最新動向

IBA本部の最新動向  

2018年11月のBBCカンファレンスで発表されたIIBA本部の最新動向を解説します。

CEOのKen Fulmer自らがBBC2018で熱っぽく語りました。

BBC2018情報8.png

BBC2018情報.9pptx.png

 

 

 

 

IIBA本部は次の3つの分野に焦点をおいた活動を行います。

  • デジタル・ビジネスアナリシスへの対応
  • 戦略的ビジネスアナリシスのフレームワーク
  • 3つの新認定プログラム(アジャイル、ビジネス・データ・アナリティクス、サイバー・セキュリティ)

 

デジタルビジネスアナリシスへの対応

最初のデジタル・ビジネスアナリシスですが、これはすでに半年ほど前からスタートしています。

次の7つのベストプラクティスからなります。

BBC2018情報10.png

  1. 戦略を理解する:
  2. 真の顧客に共感する
  3. ビジネス・プロセスを再考する
  4. アジリティに対応する
  5. 継続的にステークホルダーと協働する
  6. エビデンスベースで意思決定を推進する
  7. テクノロジーを理解する

 

 

 

発行済みのホワイトペーパーと準備中のホワイトペーパー

  • BBC2018情報11.png

 

  • 伝統的からデジタル世界へのキャズムを超えて
  • 成功への本質的なコンピテンシー

 

 

 

 

 

  1. 戦略を理解する
  2. 真の顧客に共感する

さらに次のホワイトペーパーが発行される予定です。

 

 

  1. ビジネス・プロセスを再考する

戦略的ビジネスアナリシス

続いて、戦略的BAのフレームワークです。
戦略から実行への架け橋となる、9つのステップです。

BBC2018情報12.png

  1. プログラム戦略
  2. スポンサーシップとガバナンスの戦略
  3. ステークホルダー戦略
  4. 実行ロードマップ
  5. ビジネス・ケース
  6. 供給戦略
  7. ユーザー・ジャーニー
  8. 移行戦略
  9. 変革実行戦略
     

具体的な内容は2019年Q1に発表されます。待ちどうしいですね。

データ・アナリティクス

続いて、データ・アナリティクスです。
データとビジネスアナリシスが新しいパラダイムになるようです。

インターネット上で扱われるデータ量は爆発的に膨張しています。2020年までには500億個のデバイス(センサーを含む)がインターネット上でつながると言われています。そして毎日2.5クィントリオン(quintillion 1018)Byteのデータが毎日創出されます。ビジネスアナリシスにとってもビッグ・データは無縁ではありません。そこでIIBAとしてもデータ・サイエンス(アナリティクス)のスキルが重要になって参りました。

データサイエンスに関するビジネスアナリシスのホワイトペーパーがが6種類発行する予定です。

BBC2018情報14.png

  • 業界変革(The new Business Analyst-Driving Industry Transformation)
  • エネルギー業界(Powering the Future in Energy)
  • 金融サービス(Pivoting to the New in Financial Services)
  • 旅行(Hyper-personalizing the Travel Experience)
  • ハイテク(Driving Differentiation in High Tech)
  • へルスケア・イノベーションの加速(Accelerating Healthcare Innovation)

 

 

いかにデータ・アナリティクスがBAにとって重要になってきたかが分かります。
すなわち、ビジネス・データ・アナリティクスの認定プログラムCertification in Business Data Analytics(CBDATM)が始まります。

サイバーセキュリティ

最後にサイバー・セキュリティもビジネスアナリシスの新しい専門分野になってまいりました。
個人情報の漏洩事件が後を絶ちません。標的型攻撃など、サイバー関連のニュースを聞かない日はないこの頃です。セキュリティーに関係するコストは次のように膨大化しています。

  • 毎年23%のコスト増
  • マルウェアによる攻撃: 240万ドル、50日間
  • データの損失: 経費の43%
  • 400万ドル/1社 以上

 

その結果、サイバー・セキュリティ人材が大きく不足しています。
2021年には350万人のサイバーセキュリティ人材が不足するそうです。
このギャップを埋めるためにもビジネストにサイバーセキュリティの知識やスキルが求められるようになります。
そして、サイバー・セキュリティにおけるビジネスアナリシス資格も始まります。

(BABOK担当理事 清水)