トピックス

2016/12/12

第3回 ビジネスアナリシス交流会のご案内

世の中の変化に合わせてビジネスを展開していくために、IT活用を中心としてどのようなソリューションを備えていく必要があるのかを考えることが大切です。そのためには、新しいアイデアを創造する柔軟な思考と、新しいことを実現していくためにチャレンジし続ける強固な意志とが必要となります。新しいアイデアは、柔軟な思考を生み出す”場”から生み出されてくるものです。また、自分一人だけで強固な意志を継続することは難しく、同じようにチャレンジし続けている仲間がいることによって、直面する困難にくじけることなく立ち向かうことができるようになります。ビジネスアナリシス交流会は、そのようなビジネスアナリシスの実務者が集い、成長していく場を提供したいと考えています。
 
*本交流会は、1時間の講演を聴いた後、講師も交え、参加者同士で飲食しながらディスカッションを行う会です。本音トークを交え、実務に役立つアイデアを自由に交換することをお楽しみください。
 
<テーマ>これからのIT部門におけるビジネスアナリシスの重要性
 
 
<講演タイトル>デジタル化時代を迎えた日本企業のIT部門の進むべき道とは
 
 
<日時>2017年1月21日(土)13時30分~16時(受付開始 13時15分)
 
 
<場所>かつしかシンフォニーヒルズ2階 会議室 ローレル
    東京都葛飾区立石六丁目33番1号 
 
 
<講師>寺嶋 一郎 氏
 
 (講師略歴)
1979年 積水化学工業に入社、生産管理システム構築に従事
1985年 MIT留学を経て、積水化学の社内ベンチャー(株)アイザックの設立に参画、
      人工知能を応用した積水化学の工業化住宅(セキスイハイム)のシステム化に貢献
2000年 積水化学に戻り情報システム部長、積水化学グループのITガバナンス改革
    や基盤整備に取り組む
2016年 積水化学を定年退職、現在はTRRANET代表、(株)豆蔵 技術顧問、(株)ソラコム 顧問
 
  【所属団体】
   IIBA日本支部、ビジネスシステムイニシアティブ協会(副理事長)、
   PC・ネットワークの管理・活用を考える会(幹事長)、
   これからの経営情報システムを考える会(アドバイザー)、CIO賢人クラブ 
 
 
<アジェンダ>13時30分~14時30分 講演
       14時30分~16時 交流会(飲食をしながら、ディスカッション)
 
 
<会費> IIBA日本支部会員,およびスポンサー企業の方 5,000円
     会員/スポンサー企業以外の方         6,500円
     *会費には、飲食代も入っております。(飲み放題)
 

<申込>

お申し込みは、以下のページよりお願いします。