トピックス

2017/03/27

【ビジネスアナリシス方法論】セミナー開催のご案内

平素、IIBA日本支部をご支援賜り誠にありがとうございます。BABOK担当理事 清水です。
おかげさまで本年度の年次総会が無事終了いたしましたので、本格的な活動をまい進していきます。

本年度はビジネスアナリシスに関するセミナーを積極的に展開する計画です。
本日はその第1弾「ビジネスアナリシス方法論」セミナーのご案内です。
一人でも多くの会員の皆様にご参加いただきたくお願い申し上げます。

ビジネスアナリシスの最新の知識体系BABOK v3では、ビジネスアナリシスの方法論がより重要になってきました。
例えば「3.1 BAアプローチを計画する」タスクでは、「ビジネスアナリシス・アプローチは、
方法論や組織の標準により定義されることもある。」と明確に方法論の必要性が述べられています。

また、このタスクのガイドラインでは「方法論とフレームワーク: 手法、テクニック、手続き、適用コンセプト、
およびルールを提供することによりアプローチを明確にする。」とあり、
方法論がビジネスアナリシスのアプローチを決定するために不可欠な存在ともなってきています。

さらに、第9章の基礎コンピテンシーでは新たに、「方法論の知識」が追加され、
「さまざまな方法論について知識を持っていると、ビジネスアナリストが新しい環境に素早く適応して業務を実践していくのに役立つ。」とまで謳われています。 あたかも、方法論なしではビジネスアナリシスが実践できないかの如く、
極めて重要な存在になりました。

しかしながら、日本においてはビジネスアナリシスの方法論は多く存在せず、
IIBA日本支部会員、スポンサー企業におかれてもビジネスアナリシス実践の足かせになっているところも見受けられるようです。

そこで、このたびIIBA日本支部では、日本で数少ない本格的なビジネスアナリシスの方法論を取り上げ、セミナーを開催し皆様にご紹介することになりました。

タイトル: ビジネスアナリシス方法論の概説

日程: 4月26日(水) 19:00 ~ 21:00(満席となりました)
    4月28日(金) 19:00 ~ 21:00(追加日程です)
場所: ソルパック
費用: 一般(3,000円)
    IIBA日本支部会員およびスポンサー(無料)
アジェンダ: 19:00 ~ 20:00 講義:講師 渡辺和宣(バリューチェーン・プロセス協議会理事長)
       20:00 ~ 20:30 グループディスカッション
       20:30 ~ 21:00 発表、質疑応答

一方的な講義ではなく参加者と双方向のディスカッションを交えた学習にしたいと思います。
ご協力のほどよろしくお願いします。

尚、CBAP/CCBA資格更新用CDU 2時間(カテゴリー 2C)を発行します。
申込みは下記URLの申し込みサイトからお願いします。

https://connpass.com/event/53928/

このビジネスアナリシス方法論は

ビジネスに関して

① 戦略をビジネスプロセスに落とし込むことができ、
② ビジネスプロセスを目的に応じて階層的に見える化でき、
③ トップダウンのプロセス改革と現場主導のプロセス改善を融合でき、そして
④ プロセス、ルール、組織・人の改革ができるものです。

また、ITに関して

① 戦略からのビジネス要求をITに反映し、
② 約6割を占める使われないシステム機能となるIT要求を排除し、
③ 作業系から意思決定系プロセスへとIT利用を拡大し、
④ プロセス、ルール、組織・人の改革によりIT投資効果を大きく向上できるものです。

会員、スポンサー企業、一般からの一人でも多くの参加をお待ち申し上げます。

尚、本セミナー後にこの方法論を体験するための実践的な「ビジネスアナリシス方法論研究会」をスタートする予定です(5月頃開始予定)。 こちらの方にも奮ってご参加いただきたく存じます。研究会につきましては後日、別途ご案内申し上げます。

事例紹介:

・特注品の売上を同一人員で8倍に(製造業での事例。現在のIVI(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ)の模範事例)
http://process-design-eng.com/contents/casestudy/20130421konno-seisakusho.html

・入社4年目の若手SEがビジネスアナリシスを完遂(保険会社での事例)
http://process-design-eng.com/contents/casestudy/tokyo-marine.html

講師紹介

SI企業にてSAPコンサルティング部門を立ち上げ、経営企画部門に異動、自社へのSiebel/SAP導入の完了後、2001年4月独立。
当初はユーザ企業側のPMOとしてERP選定や導入を支援。

2005年より、サプライチェーンマネジメント(SCM)やビジネスプロセスマネジメント(BPM)にシフトし、
事業戦略からビジネスプロセスを通してITに落し込むためのビジネスアナリシス方法論GUTSY-4とプロセス参照モデルを約10年間をかけて開発。製造業を中心に、SCM改革構想、IT戦略の策定、SCM診断、ハイレベル業務分析、プロセス「見える化」、
プロセス標準化、IT要求開発、IT要求レビューなどをコンサルティング。

さらに、情報システム部門やユーザ系情報子会社を中心としてビジネスアナリストや超上流などの人材育成を支援。

㈱プロセスデザインエンジニアリング代表
元サプライチェーンカウンシル日本支部チェアマン 現バリューチェーンプロセス協議会(VCPC)理事長
前IIBA日本支部監事 ICT経営パートナーズ協会理事
ITコーディネータ、中小企業診断士、元公認システム監査人(資格未更新)、元PMP(資格未更新)、元販売士一級(資格未更新)
著書:SAP革命、SAP R/3ハンドブック他、共著が10冊以上。